霞美@ベースの雑記ブログ

女装ベーシスト×ボカロP、そしてカフェの店長経験から『音楽』『女装』『人生論』のメインテーマから『雑記』まで、気ままに紹介していきます♪宜しくお願いいたします♪

楽器を売るなら?出張・宅配買取が可能なおすすめの楽器買取店『奏屋』

こんにちは
霞美@ベース(@kasumi_bass_)です♪


今回はおすすめの楽器買取店『奏屋』について、
ご紹介していきたいと思います♪

楽器を売る

f:id:kasumibass:20190707054345j:plain

  • 新しい楽器を買った
  • 新しい楽器を買う資金が欲しい

というような時、


『持っている楽器を売る』


という選択肢が出てくる時があるかと思います♪


そんな時、どこで楽器を売りますか?


『いざ売ろう!』


と思っても、どこで売ろうか迷う人も少なくないのではないでしょうか?( ノД`)…


その迷う要因として、

  • 売った後も大切に使ってもらえるか心配‥
  • 一番手っ取り早いのはリサイクルショップだが、買取価格はやはり期待できない‥

かといって楽器の買取をしているお店が周りにない‥

というように、様々な問題があるかと思います(゜ロ゜)


今回はそんな問題を解消してくれるおすすめの楽器買取店『奏屋』をご紹介していきたいと思います(*´∀`)♪


おすすめの楽器買取店『奏屋』

f:id:kasumibass:20190707054126j:plain

あなたのお宅まで出張買取【奏屋】


そのキャッチフレーズから、楽器への愛情がすごく伝わってきますね♪


そんな『奏屋』のおすすめできるポイントをまとめたので、順番に見ていきましょう(*´∇`*)

『奏屋』がおすすめな理由

f:id:kasumibass:20190707054424j:plain

楽器の買取で、この『奏屋』が選ばれている理由は大きく分けて12個あるのがわかります♪


この中でも特におすすめな部分をピックアップして、ご紹介していきます(*´ー`*)


選べる楽器の買取方法

f:id:kasumibass:20190707054446j:plain

一般的な買取方法である

『店舗での買取』

ももちろん可能です♪


それ以外にも2種類の買取方法があるので、見ていきましょう(*´∀`)♪


出張買取

f:id:kasumibass:20190707054503j:plain

重たくて持ち運べなかったり、持っていくのがめんどくさい人にとっては大変助かるサービスですね♪


しかも、その場で現金にて買い取ってもらえます(*´∇`*)

これもおすすめのポイントです♪

出張費も無料で依頼できるので、安心して利用できます♪


宅配買取

f:id:kasumibass:20190707054519j:plain

買取依頼後、宅配キットが送られてくるので、そのキットで楽器を送り、あとは電話やメールでやり取りするだけ(*´ー`*)

店舗が遠い方や、直接のやり取りが苦手な人には嬉しいサービスですね♪


全国展開なので利用しやすい

f:id:kasumibass:20190707054543j:plain

現在全国に35店舗展開されています♪

そのため、非常に利用しやすいですね(*´∇`*)


もし近くになかったとしても、上記のような

『宅配買取』

というサービスもあるので、実際、全国どこからでも買取依頼することが可能です♪


買取可能な楽器の種類が豊富

f:id:kasumibass:20190707054614j:plain

見てもわかる通り、いろんな楽器のいろんなブランドメーカーを取り扱っておられます♪


種類もアンプやエフェクターからシールドまで、様々な機材を受け付けてくれているので、ベースとアンプ、エフェクター、シールド等、まとめて買い取ってもらうことも可能です(*´∀`)♪


ただし以下、一部取り扱っておられない種類もあります
f:id:kasumibass:20190707054632j:plain



買取依頼する際は確認しておきましょう♪


一部壊れている楽器の買取実績有り

f:id:kasumibass:20190707054906j:plain

これは絶対ではありませんが、一部壊れていたとしても買い取ってもらえるというのは非常に嬉しいですね♪


壊れた楽器であっても自分で

『どうせ売れないだろう』

なんて決めつける前に、問い合わせてみましょう(*´ー`*)


もしかしたら、しっかりした金額が付いて買い取ってもらえるかもしれません♪

『楽器への思い』まで買い取り

f:id:kasumibass:20190707054805j:plain

奏屋』は、楽器への愛情がすごく深く、しっかりその楽器への思いと正面から向き合ってくれます♪

これもまた、たくさんの方から選ばれている理由の一つでしょう(*´∇`*)


そして、その『楽器への思い』を付加価値として、買取金額に反映してもらえるのもまたおすすめの理由の一つです♪


『良い楽器は、必要とする次の奏者へ』


ここまで楽器の事考えてくれているというのは、安心感に繋がります(*´ー`*)


まとめ

f:id:kasumibass:20190707054205j:plain

売るなら、

  • 少しでも高く売りたい
  • 大事に使ってほしい

といった部分はやはり重要かと思います♪


そして、物によっては

『持ち運びが大変だ‥』

なんて事もあるでしょうΣ(´□`;)


奏屋』は

そんな全ての悩みを全て解消し、安心して利用できるおすすめの楽器買取店です(*´∀`)♪


金額に満足いかなければキャンセルすればいいです♪


もし、

『売ろうかな?』

と思っている楽器があるのであれば、一度査定にしてもらってみてはどうでしょうか?


思わぬ金額が付いて、新しい楽器を買う資金ができるかもしれません(*´ー`*)


使っていない楽器等は、痛む前にそれを必要とする人の手に渡るようにしてあげると楽器も嬉しいことでしょう♪


ぜひ、活用できるいいサービスは活用して、より楽しい音楽活動をしていきましょう(*´∇`*)

Markbass "Big Bang"!おすすめのベース用アンプヘッド

こんにちは
女装ベーシスト&ボカロPの霞美@ベース(@kasumi_bass_)です♪


今回は、おすすめのベース用アンプヘッド
『Markbass(マークベース) "Big Bang"』についてご紹介していきたいと思います♪

Markbass(マークベース) "Big Bang"

f:id:kasumibass:20190613013651j:plain

ひと昔前のアンプヘッドは、その大出力を維持するためか、電源や排熱の関係で大きく重いものが多く、アンプヘッドをスタジオやライブハウスに持ち込みするのも結構大変でした(゜ロ゜)


しかし近年では、いろんなメーカーから

コンパクトでありながらもハイパワーな持ち運びにも的したアンプヘッド

がたくさん出てきています♪


そんな進化をし続けているベース用アンプヘッドですが、その中でも要と呼べ、多くのベーシストから愛されているメーカーが

Markbassです(*´ー`*)


今回はそのMarkbassのなかでも特におすすめなアンプヘッド

"Big Bang"

について、ご紹介していきたいと思います(*´∀`)♪

スペック

■出力:300W/8Ω、500W/4Ω
■コントロール:GAIN、MASTER、4-band EQ、VPF & VLE
■Headphone Out&Level Control
■GND LIFT/Tuner Out/Effect Loop
■サイズ:22.7x6.5x25.5cm
■重量:2.15kg


サイズ・重量を見ると、アンプヘッドの割にはコンパクトで軽量なのが明らかですね♪


私は、そのコンパクトさゆえ、エフェクターケースにそのまま入れてます(*´ー`*)
f:id:kasumibass:20190613021341j:plain

コントロール

Big Bangの魅力は、コントロールにもあります♪

まずはその幅広さを見ていきましょう(*´∇`*)


『MID LOW』と『MID HIGH』

f:id:kasumibass:20190613013722j:plain

LOW と HIGH に加え、

『MID LOW』『MID HIGH』があります♪


アンプヘッドにこれが付いているだけで音作りの幅が一気に広がります(*´∀`)♪


『VLE』と『VPF』

f:id:kasumibass:20190613014032j:plain

VLE
ヴィンテージ・ラウドスピーカー・エミュレーター

高音域のカットに使用します♪

回せば回すほど、カットする高音域の周波数帯域が広がり、メロウなサウンドになります(*´ー`*)



VPF
ヴァリアブル・プリシェープ・フィルター

低音域と高音域をブーストし、中音域(380Hz)をカットします♪

これを回すだけで、簡単にドンシャリサウンドが作れてしまうわけですね(*´∇`*)


フットスイッチ

オプションのフットスイッチを使うことにより、上記の『VLE』と『VPF』や『MUTE』を足元でオン/オフ切り替えが可能となります♪


接続端子

接続端子の種類の豊富さもこのBig Bangの魅力の一つです♪


その種類を次は見ていきましょう(*´ー`*)


ヘッドホン端子

f:id:kasumibass:20190613014053j:plain

スピーカーキャビネットが無くても、ヘッドホンでモニタリングすることができます♪

ヘッドホン出力の音量もツマミで調整可能なので、個人練習用としても充分に力を発揮します(*´∇`*)



AUX IN

f:id:kasumibass:20190613014110j:plain

スマホやオーディオ機器と接続すれば、好きな曲やバンド音源を聴きながら演奏できます(*´∀`)♪


ヘッドホンを使えば、近所迷惑にもならず、家でバンド曲に合わせながらBig Bangのベース音で練習ができるわけですね♪


LINE OUT端子

f:id:kasumibass:20190613014119j:plain

もちろんLINE OUT端子もバッチリ付いてます♪

レコーディングやライブで重宝します(*´∀`)♪



いやはや、万能ですね(*´ー`*)


音の印象

正直、EQは基本フラットで良いくらいです♪


それほどに、欲しい音が出てくれます(*´∇`*)

さすがMarkbassさん♪

音の伸び・抜け・パワー感等、非常にバランスが良く、多ジャンルに対応できるのも大きな魅力です♪


そして、調整が必要になれば、上記コントロールでご紹介した通り、多くのツマミが機能してくれますし、オプションでフットスイッチを使えば、これだけで音の変化を作れるのは嬉しいですね(*´∀`)♪


まとめ

Big Bangは

コンパクトかつ軽量なのにも関わらず、500Wのハイパワーなベース用アンプヘッドです♪


ベーシストが音作りする際はプリアンプを使うことが主流かと思いますし、それでも理想の音作りをすることは可能ですが、こうしてアンプヘッドを一つ持つことで、より自分らしい自分の理想の音を手に入れることができます(*´ー`*)


冒頭でも書きましたが、ひと昔前まではアンプヘッドは大きくて重たいものが多く、なかなか持ち運びも大変でしたが、これだけコンパクトなアンプヘッドであれば、そんなデメリットはもう無縁です♪


それなのにハイパワーであり、Little Markゆずりの多機能はもちろんの事、レベル調整可能なヘッドホンアウト、AUX INやMUTE機能も搭載されているため、様々な用途に対応できるでしょう(*´∇`*)


オプションでフットスイッチを使えば、
『VPF』&『VLE』や『MUTE』のオン/オフも可能となり、これ一台でも充分に音を作り込む事ができるため、実用性も申し分ありません♪


使えば使うほどに、数多くのベーシストから愛される理由が分かるアンプヘッドです(*´∇`*)


是非、気になる人は店頭等で試奏してみてください♪


そこに最高の出逢いを感じることになると思います(*´ー`*)


自分に合った機材を選び、より楽しい音楽ライフを送っていきましょう(*´∀`)♪


では、今日はここまで♪

パワーサプライとは?PROVIDENCE PV-9 Provolt9 おすすめの独立型パワーサプライ

こんにちは
女装ベーシスト&ボカロPの霞美@ベース(@kasumi_bass_)です♪


今日は、おすすめの独立型パワーサプライ

『PROVIDENCE PV-9 Provolt9』

についてご紹介していきたいと思います♪

パワーサプライとは?

f:id:kasumibass:20190606082702j:plain

電源の事ですね♪


エフェクター等を使うには電源が必須です!

この『パワーサプライ』をエフェクターボードに組み込み使うことによって、簡単にしっかりした電源供給をすることができます(*´∀`)♪


そんな大切な『電源』であるパワーサプライですが、まずはその種類を見ていきましょう♪


パワーサプライの種類としては3種類

パワーサプライには大きく分けて、型が3つあります♪

その特性は以下の通りです(*´∇`*)


■通常型

1つのレギュレーターを使い、複数の端子から電源を供給する型です♪

定番モデルの多くがこの『通常型』に当てはまります(*´ー`*)


■分岐型

安めのパワーサプライに多く見られるのがこの『分岐型』です♪

アダプターから供給された電源を『分岐』させ、使います(*´∀`)♪


■独立型

1つの端子に1つのレギュレーターが搭載されていて、上位モデルに多いのがこの『独立型』です♪

一つ一つの端子が独立していて、電流が混雑しないのが特徴です(*´∇`*)


 

極性

 
エフェクターにはそれぞれ、
『センターマイナス』と『センタープラス』の2種類があります♪

これを間違えると、


せっかく買ったのに鳴らない( ̄□ ̄;)!!


なんて残念な事にもなりかねません‥

一般的には『センターマイナス』のエフェクターが多いかと思いますが、

自分の使っているエフェクターがどっちのものか確認しておく必要があります♪


確認方法としては、本体表記でも見分ける事ができます♪
f:id:kasumibass:20190606082955j:plain


これが『センターマイナス』です♪


しっかり確認した上で選ぶようにしましょう(*´ー`*)

 

電圧・電流

使っているエフェクターに供給できるスペックがなければ

  • 鳴らない
  • 出力が弱く不安になる
  • ノイズの発生

というように、不具合が生じてしまいます( ノД`)…


パソコンのメモリー等同様に、

『足りるから』

といってギリギリの容量のものを選ぶと、余裕がなく、これも不具合に繋がる可能性が出てきます!


少し余裕を持った容量のものを選ぶといいでしょう♪


おすすめのパワーサプライ『PROVIDENCE PV-9 Provolt9』

f:id:kasumibass:20190606082617j:plain

ここでのパワーサプライのおすすめのポイントとしては、


『独立型』です!


これが『ノイズ』も少なく、最大限にエフェクターのパワーを引き出してくれるパワーサプライだと言えます♪


そんな『独立型』のパワーサプライの中でも特におすすめな独立型のパワーサプライ

『PROVIDENCE PV-9 Provolt9』

をご紹介します♪


『ショートプロテクション&オート・リカバリー機能』搭載

万が一、出力のどれか一つががショートしても、他に繋いでいるエフェクター等には影響がありません♪


そして、自動的に復旧してくれます♪


大切な『電源』なだけに、こうした

『壊れにくい機能』

が搭載されているのは嬉しいです(*´ー`*)


『オート・ボルテージ・コントローラー機能』搭載

9vのエフェクターは本来、アルカリ電池で出力した場合、

『9v』ではなく『9.6v』

で出力してくれるため、アルカリ電池で供給した方がパワーが出ます


そうなると、

一般的な9vのパワーサプライで出力した場合、アルカリ電池で出力するより『0.6v』出力が弱いことになってしまいます‥


これが

『エフェクターには電池の方がいい』

と言われる理由なのですが‥


このProvolt9は


9.6v仕様


そのため、他の9v電源では出力できないその0.6vをアルカリ電池同様出力してくれます♪


これは何ともアツい気持ちになりますね(笑)


PROVIDENCEさん素敵です♪

『ダブル・フィルタリング機能』搭載

各出力に『ダブル・フィルタリング機能』というものが付いているため、ノイズが非常に少ないです♪

いかに『高品質』を追及しているパワーサプライなのかがわかります(*´∇`*)


 

ハムノイズの発生を抑えるスターグランド

上記まででも充分なノイズ対策が施されているのですが、一般的なパラレル配線をスターグランド配線にすることで、より『ハムノイズの発生』を抑えられています♪

これだけノイズ対策に力を入れられたパワーサプライというのは、高品位なサウンドを求めているプレイヤーにとってはすごく嬉しいアイテムですね(*´∀`)♪


まとめ

ノイズにも強く、おすすめできるのはやはり
『独立型』です(*´ー`*)


この『PROVIDENCE PV-9 Provolt9』は万人に当てはまるおすすめのパワーサプライというわけではありませんが、条件が合っているプレイヤーにとっては間違いなく一番いいパワーサプライと言えるでしょう♪


コスパも良く、初心者からベテランまで幅広く使うことのできるおすすめのパワーサプライです(*´∇`*)


『パワーサプライ』といっても、本当にたくさんの種類があり、選ぶに当たっては気を付けるべき項目もいくつかあります♪


これらを踏まえ、しっかり選べば、別に高価なものでなくとも最高のパフォーマンスを得ることができます(о´∀`о)


自分のスタイルに合ったパワーサプライを見付けて、より音楽を楽しみましょう♪


では、今日はここまで♪