霞美@ベースの雑記ブログ

女装ベーシスト×ボカロP、そしてカフェの店長経験から『音楽』『女装』『人生論』のメインテーマから『雑記』まで、気ままに紹介していきます♪宜しくお願いいたします♪

仕事を体調不良で休むのはダメ?印象を悪くしない仕事の休み方

スポンサーリンク

こんにちは
霞美@ベース(@kasumi_bass_)です♪


今回は『仕事を体調不良で休むこと』について、自分なりの見解で紹介していきます♪

仕事を休むことについて

f:id:kasumibass:20190519005521j:plain

急に仕事を休ませてもらうことに

『ズル休みだと思われてしまう』

と、気が引けてしまう経験がある人は多いのではないでしょうか?

特に、理由が自身の体調不良の場合、気が引けて結局無理して出勤する人も結構おられるかと思います

多少咳が出るくらいであればまだいいのですが、それに伴い、高熱・頭痛・喉痛等の症状も出てくるとさすがに辛いですよねΣ(´□`;)

そんな状態であっても仕事は無理して出勤すべきなのか?

休めばズル休みになってしまうのか?

仕事の内容や役職にもよるため、一概には言えませんが、
そんな仕事の休みについてまとめてみたので、ご紹介していきます♪

体調不良時は客観的に見て判断する

体調不良の時、休むべきかどうかは、自分や会社の状況等を客観的に見て判断することが大切です

誤った捉え方や自分よがりな行動をしてしまうと、自分はもちろん、周りにも悪い影響を与え、結果として『ズル休みだ』と思われる以上に悲惨な状況になってしまいかねません

自分は良かれと思ってやっている事が、実は周りから『迷惑』なんて思われていたら、辛いだけで誰も得しないです

自分が働く側ならどう思うか?

双方の状況を客観的に見た上で判断するようにしましょう

誤った捉え方や自分よがりな行動

では、どのようなことが誤った捉え方や自分よがりな行動にあてはまるのでしょうか?

まとめてみたので、確認していきましょう♪

体調不良なのに働いてることが格好いいと思う

私も昔そういう頃がありました

例えば
『疲れや痛みを全く見せずに最後まで闘い抜くボクサー』

これは格好いいですよね

それと同じように、
最後まで体調不良であることを隠し、いつも通り働ききれるのであれば、それは『格好いい』と取ることもできます

しかし、大事なのは『格好いいかどうか?』ではありません

体調不良がある事を伝えるのであれば、そこからいつも通り働いているにしても、周りは必ず気を遣いますし、辛そうな姿や発言が見られれば尚更です

そうなってしまっては、もはや格好いいどころではないです

それならば、

『体調不良なのでしっかり休みを取る』

の方がよほど格好いいようにも思えます

『格好いい』よりも、
自分の体調としっかり向き合い判断することを心がけましょう

休むと迷惑がかかるから働く

確かに休むと迷惑がかかります

しかし、上記同様、体調不良で周りにも気を遣わせてしまったり、いつもしないような失敗をしたりするようなら、出勤される方が逆に迷惑になることもあります

『戦力に欠けるようであれば、もう最初からいない定で闘う方が闘いやすい』

なんてことも実際にあります

自分の身体の事は自分が一番良くわかります

いつも通りのレベルで最後まで働けるのであればまだしも、それが困難であるようなら、しっかり休養を取ることが大切です

本当の『迷惑』というのがどこにあるか?

自分の体調と現場の状況を客観的に見ながら判断するといいでしょう

代わりが効かない

例えばですが
サッカーチームでシュートを決められる選手が休んでしまった

ではもう試合は棄権するのか?

できるかどうかわからないけど、違う選手がシュートを決めに行く形で、試合は行われるでしょう

もちろん、中には自分にしかできない役職・内容の仕事もあるのは事実です

そういった方はやむを得ない場合もあるかと思います

ですが、その状況で充分に仕事ができなくて失敗したり、逆に迷惑をかけてしまうようでは結局一緒です

本当に代わりが効かないのか?
本当にその日じゃないといけない仕事なのか?

『自分が今日やらないとだめだ』

と自分で決める前に、
会社や一緒に働くメンバーに相談を持ちかける等して、自分の体調と現状況を併せて考える事が大切です

印象良く休むためのポイント

『休む』ということは、身体の事を考えると非常に大事であり、
『休まない方が逆に迷惑がかかる事もある』
というのがわかりました

でも、それはあくまで出勤した場合に起こる事例であり、だからと休みを取れば『ズル休み』と捉えられる可能性も出てきます

そんな悪い印象を持たれないようにするポイントもまとめてみたので、これも確認していきましょう♪

普段から本気の姿勢で働く

そもそも『ズル休み』と思われるかどうかは、その人の持たれている印象に大きくされます

つまり、『ズル休み』と思われるということは、自分はそれだけの評価だということです

逆に言えば、しっかりした印象を持ってもらうことができれば、『休む』となった時、『ズル休み』なんて事は思われません

万が一、体調不良に限らず何かあって仕事を休む場合、悪い印象与えずしっかり休みをもらうためにも、普段から仕事に真剣に取り組み、信頼関係を築いておくことが大切です


早い段階でしっかり伝える

できるだけ早く伝えておくことによって、会社側の対応も早くできます

相手側の気持ちに余裕があるのとないのとでも、持たれる印象は変わります

『体調不良で出勤するかしないか考えた末、出勤時間ギリギリになってから休む旨を伝える』

というような時もあるかもしれませんが、
『そんな葛藤した上で休む事に決めた』なんて事までは会社側には伝わらないものです

『もっと早く言えよ』

と悪い印象を持たれてしまいます

自分が開けた穴をしっかり対応してもらえるようにするためにも、早い段階で見極めて連絡するようにしましょう

自身の分身を作っておく

自分の代わりが効かない

というのも先ほど出てきましたが、自分相応の人材を育てるのも自分の仕事です

『自分だけができたらいい』

なんて考え方をしていると、いざ休みたい時に余計に休みにくくなります

万が一、自分がいない場合であっても、しっかり任せられるように普段から自分の仕事を少しずつでも教えていける環境作りをしておくことで、休みが取りやすくなるだけでなく、自分自身の仕事もしやすくなります♪

常にコミュニケーションを図り、個人でなく、組織として力を付けておくことが、結果自分のためになるでしょう♪




まとめ

仕事は大切です

ちょっとやそっとで『休む』というのは良くない事です

しかし、体調不良で無理に仕事にいっても、
頭の回転が遅かったり、いつもしない失敗をしたり、変に周りに気を遣わせたりと、逆に迷惑をかけてしまう可能性があるのも事実です

辛いときはお互い様です

任せる所は任せて、甘える所甘えて、
自分の身体のことも考えながら仕事に臨むことが重要なのではないかと思います

休んだならその日しっかり休養取って、次の出勤時にお礼を言ってその分働けばいい

『体調不良でも無理しながら働ければいけない』
なんてルールは社会のどこにもありません

仕事中の姿勢や、休む時の対処を考え、印象悪くならない休み方ができるよう心がけましょう♪


それでは良いビジネスライフを♪

では今日はここまで♪

www.kasumibassblog.com