霞美@ベースの雑記ブログ

女装ベーシスト×DTMer、そしてカフェの店長経験から『音楽』『恋愛』『人生論』などのテーマをメインに、初心者や悩んでいる方におすすめの記事を書いています♪

原因と結果を常に追究しろ!因果関係は成功への道しるべ

ーシェアするー

こんにちは
霞美@ベース(@kasumi_bass_)です♪


今回は『因果関係』について、見ていきましょう♪

因果関係とは?

f:id:kasumibass:20200112143230j:plain

原因と結果の結び付き

あらゆる結果というのは、何かしらの原因により作られたもの


こうした原因と結果の結び付きを表すものです


結果には必ず原因が存在します


これは仕事上ではもちろんのこと、その他日常的な物事全てに言えます


結果を見て、「何故そうなったのか?」と原因を究明し、次に繋げることができる能力が有るか無いかで、その人の価値もまた大きく左右されます

原因はあらゆる要因から成り立っている

f:id:kasumibass:20200112143254j:plain

結果には必ず原因が存在します


そして、その原因というのは

  • 人的要因
  • 自然的要因
  • 社会的要因
  • 環境的要因

等の様々な要因が重なり成り立っています


なので原因を探るにはまず、

どこにどんな要因があるのか?

を細かく究明し、全てを一つ一つ解明する必要があるのです


因果関係の究明が成功への道しるべ

f:id:kasumibass:20200112143431j:plain

日常のあらゆるものはそんなたくさんの原因と結果が積み重なってできているものですが、その中でもより細かく究明し改善していく能力について一番問われる分野は、やはり仕事でしょう


仕事において成功しようものなら、その結果だけでなく、そこに至った経緯や原因を理解できなくてはいけません


その能力が乏しければ、失敗も成功も偶然で終わり、何も次に繋げることができないのです


その原因を見付けるということを繰り返す事で、初めて成功への道筋を立てることができます


私も、自身のアーティスト活動で

  • 何がダメでそうなったのか?
  • 何が良くてそうなったのか?

といった事を常に考えるようにしています


ことわざに

失敗は成功のもと

というのがあるように、失敗というのも成功・成長において大切な通過点なのです

原因が結果を責めてはいけない

f:id:kasumibass:20200112143413j:plain

結果というのは原因があってこそ生まれるものです


その原因となる要因が、結果を責めるようではだめなのです


例題を上げるなら、

しっかりした指導を受けさせてもらえず失敗した部下に対し、「なに失敗してるんだ!」と怒る上司

というもの


『上司がしっかり指導していなかった』

という原因が、

『失敗した』

という結果を責めている状態です


これは人的要因で起こり、仕事をやる上では非常に多く見られます


こうした原因が結果を責めるようなことをしていても、その先に何も生まれません


『失敗』を責めるよりも、まず何故失敗してしまったのか?を明確にしなければ、結局同じ過ちを繰り返すことになるでしょう


まとめ

f:id:kasumibass:20200112143445j:plain

物事には必ず原因があり、その先に結果があります


たとえその結果が成功だとしても、ただ『成功した』という結果だけを見ていては偶然の賜物で終わります


常にその因果関係に意識を向けること

「何故、成功できたのか?」
「何故、失敗したのか?」

しっかりそこを究明し、要因を掴むことで本当の成功に繋ぐことができます


せっかくの成功を偶然で終わらせてはもったいないです


常に「何故?」という意識を持っておくことが大切です


その関係性を理解し、立ち回り・言動・行動が出来る人こそ、本当の成功を掴み、人に必要とされる人材になれるでしょう♪


では今回はここまで♪


www.kasumibassblog.com