霞美@ベースの雑記ブログ

女装ベーシスト×DTMerとしての経験と、カフェの店長経験を元に 『音楽』『人生論』『ネット活動』『グルメ』をメインテーマに様々な記事を書いてます♪

宣伝には『アピールポイント』は必須! アピールポイントの見つけ方

ーシェアするー

こんにちは
霞美@ベース(@kasumi_bass_)です♪


今回は『アピールポイント』について、自分の経験も踏まえご紹介していきます♪

アピールポイントとは?

f:id:kasumibass:20200111203857j:plain

優れた点や長所・それにしかないメリット等、売り出す際に強調したい部分

これがアピールポイントです


このアピールポイントをいかに自分で理解できているか?

それ次第で、たとえ同じモノであっても、評価の付き方や売れ行きに大きく差が出るのです


アピールポイントが必要な場面

f:id:kasumibass:20200111203921j:plain

アピールポイントは基本的に何かを売り出す際、その売り出しを成功するために必須の項目となります

まずは3つ例をあげてみたので、そのアピールポイントが必要な場面について見ていきましょう♪

1,就職活動

アピールポイントと聞いてまず浮かぶのがこの就職活動ではないでしょうか?


ここでは人(自分自身)の売り込みをするために必要となります

自分自身にどんな長所があり、その企業に入る事でその企業にどんなメリットがあるのか?

それをどこまでアピールできるかで採用不採用にも大きく影響します


そして、その長所を伝えることができれば、同時にしっかり自分の事を理解している人ということも伝わるため、非常に重要な項目と言えます


私自身も店長として面接をしてきましたが、やはり

『自身のアピールポイントを理解し、伝えることができる』

というのは、採用不採用の大きな選定ポイントとなりました

2,商品の販売

個人・団体または企業での商品を売り出すため必要になります

ここで言う商品については物だけではありません

アーティストやアイドルから音楽や動画などの配信サービスまで、その販売元から出るあらゆるモノを差します

これらについてもまた、他にはないようなアピールポイントを上手く作り、宣伝することが大切です


普通な事ばかりしていては、埋もれてしまって誰の目にも止まりません

  • 他にはない要素
  • その商品だからこその良さ

というような長所やメリットをしっかり理解しアピールすることで、差別化を図ることが必要なのです

3,売り出し元自体のアピール

商品自体のアピールポイントはもちろん必要です


それに加え、企業や団体・個人で活動している等の全ての売り出し元自体もアピールポイントの宣伝は必要です


そもそも、その販売元がある程度知名度があり、それなりのブランド力がなければ、たとえ商品がいいものであってもなかなか売れません

というよりも、手にとってもらえないので、それがものすごく良いものであったとしても『良いもの』と気付いてもらいにくいのです


そんなブランド力をつけるためにも、商品だけではなく、売り出し元自体もいかにアピールポイントを作り宣伝できるか?が大変重要になってきます

宣伝できるアピールポイントを見つけよう

f:id:kasumibass:20200111204026j:plain

何かを宣伝する際、アピールポイントが大変重要な役割をしているのがわかりました

では、そんなアピールポイントをどう見つけたらいいのか?

まとめてみたので見ていきましょう

1.絶対的に優れていなくてもいい

必ずしも何よりも勝っている必要はありません

  • 誰にもできない
  • 他には絶対真似できない

というようなアピールポイントがあれば、それに超したことはありませんが、それを誰しもが有しているわけではありません


同じ立ち位置の人や商品には無い要素や強み、少しでも優位なところにあるもの全てを、まずは書き出してみましょう

もしかしたら、自分の中でも新しい発見があるかもしれません

弱み含め、自分自身と徹底的に向き合うことが大切です

2.周りの意見を参考にする

自分自身の事であり、自分の商品だからこそ、自分では気付けない事も多いです


そういった時は周りの人にも聞いてみて、客観的な意見をもらい参考にしてみましょう

中には、思わず『はっ』とさせられるようなものも出てくる時があります


自分らしさ、個性、特徴、些細なことでもいいので、第三者目線の情報を集めて、自分では気付かないようなアピールポイントを見付ける参考にしましょう♪

3.短所・欠点から考える

逆に、短所や欠点から考えてみましょう

あまり考えたくないかもしれませんが、そこからアピールポイントが見えてくる可能性もあります


『変わってる』は一見普通ではないイメージがありますが、見方を変えるとそれは個性です

自分が短所や欠点だと思っていた部分こそ、自分の一番の強みだったということもあるわけです


仮に違ったとしても、自分の弱い部分を受け入れ理解することで成長に繋がります


うまく克服することができれば、それもまた自分の強みとして良い結果が出るでしょう

4.どうしてもアピールポイントがないなら作ろう

f:id:kasumibass:20200111204117j:plain

ここまでしてもなお、そんな宣伝できるほどのアピールポイントが「見つからない」という人も中にはおられるかもしれません

しかし、だからといってアピールポイントもなく臨めば、埋もれてしまうリスクが上がり、結局無駄になってしまう可能性が非常に高くなります


それはもったいない‥


ならどうするべきか?


その時は新しい要素を追加し作りましょう


ちなみに私自身の場合ですが

最初、Twitterで『ベーシスト』として活動していました

その時のフォロワー数は、数年活動して120人程度のアカウントでした


そこで、もっと何か個性を出し、それをアピールポイントとして活動できないか?を考えました


結果、今の『女装ベーシスト×DTMer』という場所に行き着き、リスタートしました♪


すると、1年もしないうちにフォロワー数は6500人程まで達し、ありがたいことに今もなお増え続けています♪


同じモノでもアピールポイントを作り、宣伝の仕方を少し工夫するだけで、これだけ評価が変わるということを身を持って体感しました


『ベーシスト』に『女装』を加えただけでもちろん中の人間は同じです

こうして、新しく宣伝できるアピールポイントを設けることで目に止まりやすくなり、結果、評価や売れ行きに確実に影響が出るのです

もし、

アピールポイントが見つからない

という人も諦めずに

  • 新しく何かを始めてみる
  • 新しい要素を追加する

ことにより、宣伝できるアピールポイントを作ってみましょう♪

まとめ

たとえ内容が最高でも、しっかりした宣伝ができなければ目にも止めてもらえません


アピールポイントを相手にどの場面でどのようにどう宣伝すべきか?

これをひらすら突き詰めて考えることが大切です


宣伝したアピールポイントがしっかり伝わり価値を見出だしてもらえれば、必ず結果が付いてきます


もしアピールポイントがないという人は、新しい要素を追加したり、欠点を個性に変える等して、自分で納得のいくアピールポイントを作りましょう♪


就職活動では誰しもが通ったアピールポイント

それはあらゆる場面において、何かを売り出すための重要項目として常に存在しているのです


ぜひ、自分が売り出したいモノのアピールポイントを理解し、正しく宣伝することで、しっかり評価をもらえるようにしていきましょう♪


では今回はここまで♪